FreeBSD doc

Check-in [bca7af6141]
Login

Many hyperlinks are disabled.
Use anonymous login to enable hyperlinks.

Overview
Comment:- Merge the following from the English version: r44774 -> r44775 head/ja_JP.eucJP/books/handbook/cutting-edge/chapter.xml git-svn-id: svn+ssh://svn.freebsd.org/doc/head@45049 c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956
Timelines: family | ancestors | descendants | both | svn_head | trunk
Files: files | file ages | folders
SHA1:bca7af614165fa4556fc559d07c110b23ff407f7
User & Date: ryusuke@c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956 2014-06-13 12:05:03
Context
2014-06-13
14:53
+ ru/articles & ru/books/handbook: restore <replaceable> tags, which were lost during conversion to the DocBook5. P.S.: special thanks to wblock@ for his script [1], which made this task much easier. 1. http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-doc/2014-March/023463.html git-svn-id: svn+ssh://svn.freebsd.org/doc/head@45050 c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956 check-in: 7d16296a25 user: taras@c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956 tags: svn_head, trunk
12:05
- Merge the following from the English version: r44774 -> r44775 head/ja_JP.eucJP/books/handbook/cutting-edge/chapter.xml git-svn-id: svn+ssh://svn.freebsd.org/doc/head@45049 c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956 check-in: bca7af6141 user: ryusuke@c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956 tags: svn_head, trunk
10:26
Fix links to the SVN mirror list. PR: 190962 Submitted by: Sergey V. Dyatko git-svn-id: svn+ssh://svn.freebsd.org/doc/head@45048 c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956 check-in: a9e0358026 user: brueffer@c2e8774f-c49f-e111-b436-862b2bbc8956 tags: svn_head, trunk
Changes
Hide Diffs Unified Diffs Ignore Whitespace Patch

Changes to ja_JP.eucJP/books/handbook/cutting-edge/chapter.xml.

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
...
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
...
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350





351
352
353
354
355
356
357
...
380
381
382
383
384
385
386
387














388
389
390
391
392
393
394
395
...
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
...
483
484
485
486
487
488
489
490

491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515


516
517
518
519
520
521
522
523
524




525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536

537
538
539
540
541
542
543
544
545
546
547
548
549
550



551
552
553
554
555
556
557
558
559
560
561
562
563

564
565
566
567
568
569
570
571
572
573
574
575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589
590
591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603
604
605
606
607
608
609
610
611
612
613
614
615
616
617
618
...
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
643
644
645
646
647
648

649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661
662
663
664

665
666
667
668
669
670

671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681





682
683
684





685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
...
697
698
699
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712
713
714
715
716
717
718
719
<?xml version="1.0" encoding="euc-jp"?>
<!--
     The FreeBSD Documentation Project
     The FreeBSD Japanese Documentation Project

     Original revision: r44774
     $FreeBSD$
-->
<chapter xmlns="http://docbook.org/ns/docbook"
  xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" version="5.0"
  xml:id="updating-upgrading">

  <info>
................................................................................
    <sect2 xml:id="freebsdupdate-security-patches">
      <title>セキュリティパッチの適用</title>

      <para>&os; のセキュリティパッチを適用する過程は簡単になり、
	管理者は <command>freebsd-update</command> を使って、
	システムを完全にパッチがあたった状態に保つ事ができるようになりました。
	&os; セキュリティ勧告の詳細については、
	<link xlink:href="&url.books.arch-handbook.en;/security-advisories.html">&os; セキュリティ勧告</link>
	<!-- <xref linkend="security-advisories"/> -->
	の節で説明されています。</para>

      <para>以下のコマンドを実行すると、&os;
	のセキュリティパッチがダウンロードされ、インストールされます。
	最初のコマンドは、未対応のパッチがあるかどうかを調べます。
	もし未対応のパッチがある場合には、
................................................................................
	しかしながら、<filename>GENERIC</filename> カーネルが
	<filename>/boot/GENERIC</filename> に存在する場合には、
	現在のシステムで実行されているカーネルでなくとも、
	<command>freebsd-update</command>
	によりアップデートされます。</para>

      <note>
	<para><filename>GENERIC</filename> カーネルを、常に <filename>/boot/GENERIC</filename>
	  に置い討くことは良い考えです。
	  さまざまな問題を解決する際や、
	  <xref linkend="freebsdupdate-upgrade"/> に説明されているように、
	  <command>freebsd-update</command>
	  を用いて弌璽献腑鵑鬟▲奪廛哀譟璽匹垢觝櫃暴けとなります。</para>





      </note>

      <para><filename>/etc/freebsd-update.conf</filename>
	のデフォルトの設定を変更しない限り、
	<command>freebsd-update</command> は、
	他の更新と共にカーネルソースをアップデートします。
	新しいカスタムカーネルの再構築と再インストールは、
................................................................................
      <para>&os; のマイナーバージョン間のアップグレード、
	たとえば、&os;&nbsp;9.0 から &os;&nbsp;9.1 へのアップグレードは、
	<emphasis>マイナーバージョン</emphasis> アップグレードと呼ばれます。
	<emphasis>メジャーバージョン</emphasis> アップグレードは、
	&os;&nbsp;9.X から &os;&nbsp;10.X へのアップグレードといった、
	&os; のメジャーバージョンが変わるようなアップグレードのことです。
	どちらのアップグレードもリリース番号のターゲットを指定する事で、
	<command>freebsd-update</command> によって行う事ができます。














	焚爾離灰泪鵐匹鮗孫圓垢襪函&os;&nbsp;9.0
	のシステムを &os;&nbsp;9.1 にアップグレードします。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update -r 9.1-RELEASE upgrade</userinput></screen>

	<para>コマンドを実行すると、<command>freebsd-update</command>
	  は設定ファイルと現在のシステムを評価し、
	  アップデートするために必要な情報を収集します。
................................................................................
	    変更点をディスクに反映してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update install</userinput></screen>

	</note>

	<para>パッチは最初にカーネルとカーネルモジュールに対して当てられます。
	  ここでコンピュータを再起動する必要があります。
	  システムがカスタムカーネルを実行している場合には、
	  &man.nextboot.8; を使って次回の再起動時のカーネルを、
	  アップデートされた <filename>/boot/GENERIC</filename>
	  に設定してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>nextboot -k GENERIC</userinput></screen>

................................................................................
	<para>アップデートされたカーネルでコンピュータを再起動してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>shutdown -r now</userinput></screen>

	<para>システムがオンラインに戻ったら、以下のコマンドを使って
	  <command>freebsd-update</command> を再び実行してください。
	  アップデートプロセスの状態は保存されているので、
	  <command>freebsd-update</command> を実行すると、最初からではなく、

	  古い共有ライブラリとオブジェクトファイルを削するプロセスから始まり泙后</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update install</userinput></screen>

	<note>
	  <para>使用しているライブラリのバージョン番号の付けられ方によって、
	    3 つのインストールフェーズが 2 つになる場合もあります。</para>
	</note>

	<para>アップグレードはこれで終了です。
	  もしメジャーアップグレードを行った場合には、
	  <xref linkend="freebsdupdate-portsrebuild"/>
	  で説明されているようにすべての ports および package
	  を再構築してください。
	  カスタムカーネルを使っているシステムでは、
	  カスタムカーネルのアップグレードの方法について、<xref
	    linkend="freebsd-update-custom-kernel-9x"/> または <xref
	    linkend="freebsd-update-custom-kernel-8x"/>
	  を参照してください。</para>

	<sect3 xml:id="freebsd-update-custom-kernel-9x">
	  <title>&os;&nbsp;9.X 以降のシステムにおけるカスタムカーネル</title>

	  <itemizedlist>
	    <listitem>


	      <para>た整貪戮世吋スタムカーネルを構築したのであれば、
		<filename>/boot/kernel.old</filename>
		は <filename>GENERIC</filename> カーネルそのものです。
		このディレクトリの名前を
		<filename>/boot/kernel</filename>
		へと変更してください。</para>
	    </listitem>

	    <listitem>




	      <para>コ鵐團紂璽燭悗諒理的なアクセスが可能であれば、
		以下のコマンドで、インストールメディアから
		<filename>GENERIC</filename>
		カーネルをインストールできます。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>mount /cdrom</userinput>
&prompt.root; <userinput>cd /cdrom/usr/freebsd-dist</userinput>
&prompt.root; <userinput>tar -C/ -xvf kernel.txz boot/kernel/kernel</userinput></screen>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>上記の方法に失敗するのであれば、

		<filename>GENERIC</filename> カーネルをソースから再構築して、
		インストールしてください。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>cd /usr/src</userinput>
&prompt.root; <userinput>make kernel __MAKE_CONF=/dev/null SRCCONF=/dev/null</userinput></screen>

	      <para><command>freebsd-update</command> がこのカーネルを
		<filename>GENERIC</filename> カーネルとして認識するために、
		<filename>GENERIC</filename> コンフィグレーションファイルは、
		とにかく変更してはいけません。
		また、特別なオプションを指定しないで構築してください。</para>
	    </listitem>
	  </itemizedlist>




	  <para>この時点で <filename>GENERIC</filename>
	    カーネルで再起動する必要はありません。</para>
	</sect3>

	<sect3 xml:id="freebsd-update-custom-kernel-8x">
	  <title>&os;&nbsp;8.X におけるカスタムカーネル</title>

	  <para><filename>GENERIC</filename> カーネルが
	    <filename>/boot/GENERIC</filename>
	    に置かれている必要があります。
	    もし <filename>GENERIC</filename>
	    カーネルがシステムに存在しない場合には、 
	    以下のどれかの方法で用意してください。</para>


	  <itemizedlist>
	    <listitem>
	      <para>ただ一度だけカスタムカーネルを構築したのであれば、
		<filename>/boot/kernel.old</filename>
		は <filename>GENERIC</filename> カーネルそのものです。
		このディレクトリの名前を
		<filename>/boot/GENERIC</filename>
		へと変更してください。</para>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>コンピュータへの物理的なアクセスが可能であれば、
		以下のコマンドを実行することで、
		インストールメディアから <filename>GENERIC</filename>
		カーネルをインストールできます。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>mount /cdrom</userinput>
&prompt.root; <userinput>cd /cdrom/<replaceable>X.Y-RELEASE</replaceable>/kernels</userinput>
&prompt.root; <userinput>./install.sh GENERIC</userinput></screen>

	      <para>ここで <filename
		  class="directory"><replaceable>X.Y-RELEASE</replaceable></filename>
		鮗尊櫃離螢蝓璽紅峭罎肪屬換えてください。
		<filename>GENERIC</filename> カーネルは、
		デフォルトで <filename>/boot/GENERIC</filename>
		にインストールされます。</para>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>上記の方法がすべて失敗するのであれば、
		<filename>GENERIC</filename> カーネルをソースから再構築して、
		インストールし討ださい。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>cd /usr/src</userinput>
&prompt.root; <userinput>env DESTDIR=/boot/GENERIC make kernel __MAKE_CONF=/dev/null SRCCONF=/dev/null</userinput>
&prompt.root; <userinput>mv /boot/GENERIC/boot/kernel/* /boot/GENERIC</userinput>
&prompt.root; <userinput>rm -rf /boot/GENERIC/boot</userinput></screen>

	      <para><command>freebsd-update</command> が、このカーネルを
		<filename>GENERIC</filename> カーネルとして扱うように、
		<filename>GENERIC</filename> コンフィグレーションファイルは、
		とにかく変更してはいけません。
		また、特別なオプションを指定しないで構築してください。</para>
	    </listitem>
	  </itemizedlist>

	  <para>この時点で <filename>GENERIC</filename>
	    カーネルで再起動する必要はありません。</para>
	</sect3>

      <sect3 xml:id="freebsdupdate-portsrebuild">
	<title>メジャーバージョンアップグレード後の ports の再構築</title>

	<para>一般的に、マイナーバージョンアップグレードの後では、
................................................................................
      <para>このコマンドを実行すると、
	設定を変更するオプションを持つアプリケーションは、
	設定変更のスクリーンを表示し、
	ユーザからの指示待ちの状態で停止します。
	この振る舞いをやめ、デフォルトのオプションを使用するには、
	上記のコマンドに <option>-G</option> を含めてください。</para>

	<para>この作業の終了後、埜紊砲發Π貪
	  <command>freebsd-update</command>
	  を実行して、
	  すべてのアップグレードプロセスのやり残し作業を行い、
	  アップグレードのプロセスを完了してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update install</userinput></screen>

	<para><filename>GENERIC</filename>
	  カーネルを一時的に読み込んでいたのであれば、

	  ここで、通常の方法を用いて新しいカスタ爐鮃獣曚掘▲ぅ鵐好函璽襪靴討ださい。</para>

	<para>コンピュータを再起動し、新しい &os; を立ち上げてください。
	  これでアップグレードのプロセスは完了です。</para>
      </sect3>
    </sect2>

    <sect2 xml:id="freebsdupdate-system-comparison">
      <title>システムの状態の比較</title>

      <para><command>freebsd-update</command> を用いて、
	インストールされている &os; の状態と、
	正しく動作することが分かっている状態とを比較できます。
	こ離プションは、シス謄爐離罅璽謄リティ、ライブラリ、
	設定ファイルを評舛靴泙后
	比較を行うには、以下のコマンドを実行してください。</para>


      <screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update IDS &gt;&gt; outfile.ids</userinput></screen>

      <warning>
	<para>コマンドライン名は <acronym>IDS</acronym> ですが、
	  <package>security/snort</package>

	  里茲Δ平入検知システムの本当涼屬換えになるものではありません。
	  <command>freebsd-update</command> はデータをディスクに保存するので、
	  不正な変更が行われる可能性があります。
	  <varname>kern.securelevel</varname> と、
	  <command>freebsd-update</command> のデータを使用しないときに、
	  読み取りのみの許可属性に設定されているファイルシステムに置くことで、
	  不正な変更の可能性を低くできますが、
	  よりよい解決方法は、
	  <acronym>DVD</acronym>
	  または安全に保存されている外部 <acronym>USB</acronym>
	  ディスクのような安全なディスクとシステムを比較することです。</para>





      </warning>

      <para>このコマンドを実行すると、システムは検査され、





	リリースファイルの &man.sha256.1;
	ハッシュ値と現在インストールされているファイルのハッシュ値がファイルの一覧と共に、指定した
	<filename>outfile.ids</filename> 侫.ぅ襪冒られます。</para>

      <para>これらの行は極めて長いのですが、出力形式は簡単にすぐに解析できます。
	たとえば、これらのリリースで異なっているすべてのファイルを知りたいのであれば、
	以下のコマンドを実行してください。</para>

      <screen>&prompt.root; <userinput>cat outfile.ids | awk '{ print $1 }' | more</userinput>
/etc/master.passwd
................................................................................
/etc/pf.conf</screen>

      <para>上の表示例では出力は切り捨てられており、
	実際にはもっと多くのファイルが存在します。
	これらのファイルには、運用中に変更されるファイルがあります。
	たとえば、<filename>/etc/passwd</filename>
	はユーザがシステムに追加されると変更されます。
	また、カーネルモジュー襪里茲Δ淵侫.ぅ襪蓮
	<command>freebsd-update</command>
	によりアップデートされるため、変更されます。
	このような特別なファイルやディレクトリを除外するには、
	それらを <filename>/etc/freebsd-update.conf</filename> の
	<literal>IDSIgnorePaths</literal> オプションに追加してください。</para>

      <para>以前に議論した方法とは別に、
	このシステムを入念なアップグレード方法の一部として用いることができます。</para>
    </sect2>
  </sect1>

  <sect1 xml:id="updating-upgrading-documentation">
    <title>ドキュメントのアップデート</title>

    <indexterm><primary>Updating and Upgrading</primary></indexterm>





|







 







|







 







|
|

<
<
|
>
>
>
>
>







 







|
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
|







 







<







 







|
>
|












|
<
<
<
<
<




|
|
>
>
|





<

<
>
>
>
>
|
<
|





<

<
<
>











<
<

>
>
>
|






<
<
<
|
<
<
>

<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<











|



<

<
<
|
|











<
<

|







 







|








|
>
|












|
|
|
>

<
<

<
|
>
|









|
>
>
>
>
>


<
>
>
>
>
>
|
|
|







 







|





<
<
<







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
...
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
...
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347


348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
...
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
...
470
471
472
473
474
475
476

477
478
479
480
481
482
483
...
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521





522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535

536

537
538
539
540
541

542
543
544
545
546
547

548


549
550
551
552
553
554
555
556
557
558
559
560


561
562
563
564
565
566
567
568
569
570
571



572


573
574











575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589

590


591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603


604
605
606
607
608
609
610
611
612
...
626
627
628
629
630
631
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
643
644
645
646
647
648
649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661


662

663
664
665
666
667
668
669
670
671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681
682

683
684
685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
695
696
697
...
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712



713
714
715
716
717
718
719
<?xml version="1.0" encoding="euc-jp"?>
<!--
     The FreeBSD Documentation Project
     The FreeBSD Japanese Documentation Project

     Original revision: r44775
     $FreeBSD$
-->
<chapter xmlns="http://docbook.org/ns/docbook"
  xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" version="5.0"
  xml:id="updating-upgrading">

  <info>
................................................................................
    <sect2 xml:id="freebsdupdate-security-patches">
      <title>セキュリティパッチの適用</title>

      <para>&os; のセキュリティパッチを適用する過程は簡単になり、
	管理者は <command>freebsd-update</command> を使って、
	システムを完全にパッチがあたった状態に保つ事ができるようになりました。
	&os; セキュリティ勧告の詳細については、
	<link xlink:href="&url.books.handbook.en;/security-advisories.html">&os; セキュリティ勧告</link>
	<!-- <xref linkend="security-advisories"/> -->
	の節で説明されています。</para>

      <para>以下のコマンドを実行すると、&os;
	のセキュリティパッチがダウンロードされ、インストールされます。
	最初のコマンドは、未対応のパッチがあるかどうかを調べます。
	もし未対応のパッチがある場合には、
................................................................................
	しかしながら、<filename>GENERIC</filename> カーネルが
	<filename>/boot/GENERIC</filename> に存在する場合には、
	現在のシステムで実行されているカーネルでなくとも、
	<command>freebsd-update</command>
	によりアップデートされます。</para>

      <note>
	<para><filename>GENERIC</filename> カーネルを、
	  常に <filename>/boot/GENERIC</filename> に置い討いてください。
	  さまざまな問題を解決する際や、


	  弌璽献腑鵑鬟▲奪廛哀譟璽匹垢觝櫃暴けとなります。
	  <filename>GENERIC</filename> カーネルを用意する方法については、
	  <xref
	    linkend="freebsd-update-custom-kernel-9x"/> または <xref
	    linkend="freebsd-update-custom-kernel-8x"/>
	  を参照してください。</para>
      </note>

      <para><filename>/etc/freebsd-update.conf</filename>
	のデフォルトの設定を変更しない限り、
	<command>freebsd-update</command> は、
	他の更新と共にカーネルソースをアップデートします。
	新しいカスタムカーネルの再構築と再インストールは、
................................................................................
      <para>&os; のマイナーバージョン間のアップグレード、
	たとえば、&os;&nbsp;9.0 から &os;&nbsp;9.1 へのアップグレードは、
	<emphasis>マイナーバージョン</emphasis> アップグレードと呼ばれます。
	<emphasis>メジャーバージョン</emphasis> アップグレードは、
	&os;&nbsp;9.X から &os;&nbsp;10.X へのアップグレードといった、
	&os; のメジャーバージョンが変わるようなアップグレードのことです。
	どちらのアップグレードもリリース番号のターゲットを指定する事で、
	<command>freebsd-update</command> によって行う事ができます。</para>

      <note>
	<para>カスタムカーネルを使っているシステムでは、
	  アップグレードを行う前に
	  <filename>GENERIC</filename> カーネルが、
	  <filename>/boot/GENERIC</filename>
	  に置かれている事を確認してください。
	  <filename>GENERIC</filename> カーネルを用意する方法については、
	  <xref
	    linkend="freebsd-update-custom-kernel-9x"/> または <xref
	    linkend="freebsd-update-custom-kernel-8x"/>
	  を参照してください。</para>
      </note>

      <para>焚爾離灰泪鵐匹鮗孫圓垢襪函&os;&nbsp;9.0
	のシステムを &os;&nbsp;9.1 にアップグレードします。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update -r 9.1-RELEASE upgrade</userinput></screen>

	<para>コマンドを実行すると、<command>freebsd-update</command>
	  は設定ファイルと現在のシステムを評価し、
	  アップデートするために必要な情報を収集します。
................................................................................
	    変更点をディスクに反映してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update install</userinput></screen>

	</note>

	<para>パッチは最初にカーネルとカーネルモジュールに対して当てられます。

	  システムがカスタムカーネルを実行している場合には、
	  &man.nextboot.8; を使って次回の再起動時のカーネルを、
	  アップデートされた <filename>/boot/GENERIC</filename>
	  に設定してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>nextboot -k GENERIC</userinput></screen>

................................................................................
	<para>アップデートされたカーネルでコンピュータを再起動してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>shutdown -r now</userinput></screen>

	<para>システムがオンラインに戻ったら、以下のコマンドを使って
	  <command>freebsd-update</command> を再び実行してください。
	  アップデートプロセスの状態は保存されているので、
	  <command>freebsd-update</command> を実行すると、
	  最初からではなく、次のステップに進み、
	  古い共有ライブラリとオブジェクトファイルを削泙后</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update install</userinput></screen>

	<note>
	  <para>使用しているライブラリのバージョン番号の付けられ方によって、
	    3 つのインストールフェーズが 2 つになる場合もあります。</para>
	</note>

	<para>アップグレードはこれで終了です。
	  もしメジャーアップグレードを行った場合には、
	  <xref linkend="freebsdupdate-portsrebuild"/>
	  で説明されているようにすべての ports および package
	  を再構築してください。</para>






	<sect3 xml:id="freebsd-update-custom-kernel-9x">
	  <title>&os;&nbsp;9.X 以降のシステムにおけるカスタムカーネル</title>

	  <para><command>freebsd-update</command> を使う前に、
	    <filename>GENERIC</filename> カーネルが
	    <filename>/boot/GENERIC</filename>
	    に置かれていることを確認してください。
	    整貪戮世吋スタムカーネルを構築したのであれば、
		<filename>/boot/kernel.old</filename>
		は <filename>GENERIC</filename> カーネルそのものです。
		このディレクトリの名前を
		<filename>/boot/kernel</filename>
		へと変更してください。</para>



	      <para>もし、2 回以上カスタムカーネルを構築した後であったり、
		カスタムカーネルを構築した回数がわからなければ、
		現在のオペレーティングシステムのバージョンの
		<filename>GENERIC</filename> カーネルを入手してください。
	鵐團紂璽燭悗諒理的なアクセスが可能であれば、

		インストールメディアから <filename>GENERIC</filename>
		カーネルをインストールできます。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>mount /cdrom</userinput>
&prompt.root; <userinput>cd /cdrom/usr/freebsd-dist</userinput>
&prompt.root; <userinput>tar -C/ -xvf kernel.txz boot/kernel/kernel</userinput></screen>




	      <para>別な方法としては、
		<filename>GENERIC</filename> カーネルをソースから再構築して、
		インストールしてください。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>cd /usr/src</userinput>
&prompt.root; <userinput>make kernel __MAKE_CONF=/dev/null SRCCONF=/dev/null</userinput></screen>

	      <para><command>freebsd-update</command> がこのカーネルを
		<filename>GENERIC</filename> カーネルとして認識するために、
		<filename>GENERIC</filename> コンフィグレーションファイルは、
		とにかく変更してはいけません。
		また、特別なオプションを指定しないで構築してください。</para>



	  <para><command>freebsd-update</command> は、
	    <filename>/boot/GENERIC</filename>
	    が存在する事だけを必要とするので、
	    <filename>GENERIC</filename>
	    カーネルで再起動する必要はありません。</para>
	</sect3>

	<sect3 xml:id="freebsd-update-custom-kernel-8x">
	  <title>&os;&nbsp;8.X におけるカスタムカーネル</title>




	  <para>&os;&nbsp;8.X システムでは、<filename>GENERIC</filename>


	    カーネルを入手する方法や構築の方法が少し異なります。</para>












	      <para>コンピュータへの物理的なアクセスが可能であれば、
		以下のコマンドを実行することで、
		インストールメディアから <filename>GENERIC</filename>
		カーネルをインストールできます。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>mount /cdrom</userinput>
&prompt.root; <userinput>cd /cdrom/<replaceable>X.Y-RELEASE</replaceable>/kernels</userinput>
&prompt.root; <userinput>./install.sh GENERIC</userinput></screen>

	      <para>ここで <filename
		  class="directory"><replaceable>X.Y-RELEASE</replaceable></filename>
		螢蝓璽紅峭罎肪屬換えてください。
		<filename>GENERIC</filename> カーネルは、
		デフォルトで <filename>/boot/GENERIC</filename>
		にインストールされます。</para>




	      <para>または、<filename>GENERIC</filename>
		カーネルをソースから再構築し討ださい。</para>

	      <screen>&prompt.root; <userinput>cd /usr/src</userinput>
&prompt.root; <userinput>env DESTDIR=/boot/GENERIC make kernel __MAKE_CONF=/dev/null SRCCONF=/dev/null</userinput>
&prompt.root; <userinput>mv /boot/GENERIC/boot/kernel/* /boot/GENERIC</userinput>
&prompt.root; <userinput>rm -rf /boot/GENERIC/boot</userinput></screen>

	      <para><command>freebsd-update</command> が、このカーネルを
		<filename>GENERIC</filename> カーネルとして扱うように、
		<filename>GENERIC</filename> コンフィグレーションファイルは、
		とにかく変更してはいけません。
		また、特別なオプションを指定しないで構築してください。</para>



	  <para><filename>GENERIC</filename>
	    カーネルで再起動する必要はありません。</para>
	</sect3>

      <sect3 xml:id="freebsdupdate-portsrebuild">
	<title>メジャーバージョンアップグレード後の ports の再構築</title>

	<para>一般的に、マイナーバージョンアップグレードの後では、
................................................................................
      <para>このコマンドを実行すると、
	設定を変更するオプションを持つアプリケーションは、
	設定変更のスクリーンを表示し、
	ユーザからの指示待ちの状態で停止します。
	この振る舞いをやめ、デフォルトのオプションを使用するには、
	上記のコマンドに <option>-G</option> を含めてください。</para>

	<para>ソフトウェアのアップグレードが終わったら、埜紊砲發Π貪
	  <command>freebsd-update</command>
	  を実行して、
	  すべてのアップグレードプロセスのやり残し作業を行い、
	  アップグレードのプロセスを完了してください。</para>

	<screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update install</userinput></screen>

	<para><filename>GENERIC</filename>
	  カーネルを一時的に読み込んでいたのであれば、<xref
	    linkend="kernelconfig"/> に書かれている手順に従って、
	  新しいカスタ爐鮃獣曚掘▲ぅ鵐好函璽襪靴討ださい。</para>

	<para>コンピュータを再起動し、新しい &os; を立ち上げてください。
	  これでアップグレードのプロセスは完了です。</para>
      </sect3>
    </sect2>

    <sect2 xml:id="freebsdupdate-system-comparison">
      <title>システムの状態の比較</title>

      <para><command>freebsd-update</command> を用いて、
	インストールされている &os; の状態と、
	正しく動作することが分かっている状態とを比較できます。
	こ離灰泪鵐匹蓮現在のシス謄爐離罅璽謄リティ、ライブラリ、
	設定ファイルを評舛垢襪里如
	組み込みの侵入検知システム (<acronym>IDS</acronym>)
	として使うことができます。</para>



      <warning>

	<para>このコマンドは、<package>security/snort</package>
	  のような本当の <acronym>IDS</acronym>
	  の置き換えになるものではありません。
	  <command>freebsd-update</command> はデータをディスクに保存するので、
	  不正な変更が行われる可能性があります。
	  <varname>kern.securelevel</varname> と、
	  <command>freebsd-update</command> のデータを使用しないときに、
	  読み取りのみの許可属性に設定されているファイルシステムに置くことで、
	  不正な変更の可能性を低くできますが、
	  よりよい解決方法は、
	  <acronym>DVD</acronym>
	  または安全に保存されている外部 <acronym>USB</acronym>
	  ディスクのような安全なディスクとシステムを比較することです。
	  組み込まれているユーティリティを用いた、別の方法による
	  <acronym>IDS</acronym> 機能については、
	  <link xlink:href="&url.books.handbook.en;/security-intro.html#security-ids">&os; バイナリによる検出</link>
	  <!-- <xref linkend="security-ids"/> -->
	  の節をご覧ください。</para>
      </warning>


      <para>比較を行うには、
	結果の出力先のファイル名を指定してください。</para>

      <screen>&prompt.root; <userinput>freebsd-update IDS &gt;&gt; outfile.ids</userinput></screen>

      <para>システムは検査され、リリースファイルの <acronym>SHA256</acronym>
	ハッシュ値と現在インストールされているファイルのハッシュ値がファイルの一覧と共に、
	指定した出力先の侫.ぅ襪冒られます。</para>

      <para>これらの行は極めて長いのですが、出力形式は簡単にすぐに解析できます。
	たとえば、これらのリリースで異なっているすべてのファイルを知りたいのであれば、
	以下のコマンドを実行してください。</para>

      <screen>&prompt.root; <userinput>cat outfile.ids | awk '{ print $1 }' | more</userinput>
/etc/master.passwd
................................................................................
/etc/pf.conf</screen>

      <para>上の表示例では出力は切り捨てられており、
	実際にはもっと多くのファイルが存在します。
	これらのファイルには、運用中に変更されるファイルがあります。
	たとえば、<filename>/etc/passwd</filename>
	はユーザがシステムに追加されると変更されます。
	また、カーネルモジュールは、
	<command>freebsd-update</command>
	によりアップデートされるため、変更されます。
	このような特別なファイルやディレクトリを除外するには、
	それらを <filename>/etc/freebsd-update.conf</filename> の
	<literal>IDSIgnorePaths</literal> オプションに追加してください。</para>



    </sect2>
  </sect1>

  <sect1 xml:id="updating-upgrading-documentation">
    <title>ドキュメントのアップデート</title>

    <indexterm><primary>Updating and Upgrading</primary></indexterm>